RacNoteのインストール方法(PostgreSQLを使用)

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回紹介したRacNoteのインストール方法ではデータベースにMySQLを用いましたが
今回はMySQLを用いず、PostgreSQLを使ってRacNoteをインストールする方法を紹介します。
こちらもインストール方法を動画にまとめましたので、あわせてご覧下さい。


データベースにPostgreSQLを使用してインストールを行うため、PostgreSQLがインストールされていることが必要となります。

まず、RacNoteで使用するデータベースを作成します。
ここではPostgreSQLに付属するPgAdminⅢを使いデータベースを作成します。

データベースの項目上で[右クリック]→[新しいデータベース]をクリックするとデータベース作成ウインドウが開きます。
newDB1-1.png
・名前:任意の名前
・オーナー:DB接続用のユーザー名
以上の項目を入力し[OK]ボタンを押すとデータベースが作成されます。
(DB接続用ユーザを新規作成する場合はサーバメニューのログインロール上で右クリックすると作成画面が表示されます。)

次にMySQLのとき同様、(http://設定したドメイン/racnote/htdocs/install)にアクセスしインストール画面を開きます。
管理者設定欄からRacNote管理機能ログイン用のログインID、パスワードを入力します。
続いて、[データベース設定]ボタンをクリックすると、データベースの設定欄が表示されます。

Install1-1.png

・データベース:「PostgreSQL」を選択
・DBアドレス:インストールするサーバーアドレス(設定したドメイン)
・DBポート:ポート番号(PostgreSQLデフォルトは「5432」)
・DB名:作成したDB名
・DBユーザ:DB接続用ユーザ名
・DBパスワード:DB接続用ユーザのパスワード
以上を入力し[次へ]ボタンを押すとインストールが開始されます。

初期処理中の文字が消え、完了画面へ遷移したらインストール完了です。

==========================================================================================
以下、動画での説明になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cuore.jp/mt/mt-tb.cgi/441

コメントする