クラウド上のデータベースを利用することにより、リアルタイムなデータ共有を実現。

データ入力の手間を軽減するためEDPシステムより工事情報の基礎データをインターフェース実装。

各機能間のデータを共有することにより、データの重複入力の防止、データの整合性を保持。

Scroll to Top