実績

レストランホームページ制作

  • 発注企業概要

    個人商店

  • 内容

    レストランの集客サイト

  • 環境・条件

    Wordpress

  • 時期

    2020年

  • 費用

    30万円

詳細

システム開発会社の作るHPはちょっと違います

ホームページを作る目的はこぎれいなページを作ることではなく、それが本当に集客に役立ち、お客様にとって便利な機能を有していることと、オーナー様にとって後々の保守や拡張が手軽にできることが重要と考えます。

user experience UX designer designing web on smart phone layout
Woman ordering food online

また、このコロナ禍およびアフターコロナを考えるとウーバイーツのようなデリバリーサービスをいかに有効利用するかがレストラン経営の重要なファクターとなります。

そのためには、自慢の料理をいかにしてお客様に伝えるかが成否を分けます。これまではきれいなメニューをデザインし高い印刷代を払ってオリジナルメニューを作っていたかもしれませんが、店内に置くだけのメニューにコストをかけても無駄です。

これまでの店内用のメニューをホームページ上に展開して集客を図りましょう。

事例) タイ料理レストラン

客席数20~30人ほどの個人経営のレストラン。

アットホームで本格的なタイ料理を提供することで地元の常連客に愛されているタイレストラン。これまではそうした常連客で成り立っていたので特にホームページをはじめとした広告は行っていませんでした。しかし、コロナにより客数も減少してきたので今回新たにホームページを立ち上げました。

ホームページはWordpressにElementorを導入してスタイリッシュなデザインとしました。また、一つ一つの料理に関する情報から食材や辛さなどを自由に検索できる機能を付けました。

辛さの選択

タイ料理といえば辛い、甘い、酸っぱいが混然となった独特の味が魅力ですが、あまり辛いのは苦手という方にこの機能を付けました。

料理について辛さを表示するだけでなく、辛さを指定して料理を検索することができます。

管理画面からは、わかりやすい表記で料理の辛さを設定することができます。

食材の選択

食べたいと思っている食材は肉系でしょうか、魚系でしょうか。また、アレルギーや宗教上の制約で特定の食材がダメという方もいらっしゃるのでこの機能を付けました。

料理に使われている食材から料理を選べます。

管理画面から食材を自由に設定できます。ありがちなマスター登録は不要。思いついた情報を入力していけます。

テイクアウト

コロナ禍により、テイクアウトの対応も大切です。

ホームページの料理一覧から、テイクアウト可能な料理を抽出できます。

管理画面からテイクアウト対象の料理のチェックボックスをクリックするだけです。

メニュー自動表示

料理やドリンクのデータを入力すると、料理の詳細画面からメニューも自動表示されます。

料理の詳細情報です。それぞれの料理をクリックするとさらに詳しい情報が表示されます。

料理情報から一般的なメニュースタイルの画面が自動表示できます。

WordPressカスタマイズ

WordPressの管理画面。カスタマイズにより料理と飲みもの専用の表示をつけました。

オリジナルの入力項目。

その他の対応

取材

弊社にはオウンドメディアチームがいますので、店舗の取材も可能です。

多言語対応

ネイティブな翻訳パートナーがいますので、多くの言語に対応可能です。

ECサイト構築

商品をネットで販売したい場合、ECサイト構築の開発も対応可能です。

動画制作

動画制作に関して、絵コンテ制作などの企画から実際の動画制作まで対応可能です。

Scroll to Top