ITサービスとコンテンツ制作のエキスパート

組込みLinuxによる開発事例

組込み Linux でのカーナビシステムの開発において、ルート案内機能、PC との地点情報連携機能を担当しました。ルート案内機能では、地図と連動し、音声での案内、および交差点などでの拡大イメージを表示することで、ユーザー利便性を向上。 また、単体でのカーナビ機能だけでなく、PC との連携機能として、地点情報の XML での入出力を実現し、インターネット上から地点情報をカーナビへ反映させることを可能としました。 開発プロセスにおいても、従来のウォーターフォール型開発から脱却し、反復型開発の採用や、ユースケース駆動による開発の効率化、また、アーキテクチャ中心の開発により、リスクの早期発見など、従来の組込みシステムとは一線を画すものを導入しました。最近、メジャーとなった、テストファーストも積極的に取り入れ、安定したモジュールの提供も実現したのも特徴です。

組込み Linux (C++) 上に開発した某カーナビシステム概要図

組込み Linux (C++) 上に開発した某カーナビシステム概要図

[ 概要 ]

1.Linux Kerne
2.ルート案内
– 音声案内
– 交差点拡大図表示
3.地図ビューワー
– Poix
– XML

[ ソフトウェア開発 ]

オブジェクト指向開発
-ユースケース駆動
-反復型開発
-アーキテクチャ中心
-リスク先行駆動
テストファースト
-テストケース作成
embed_img_03

point 組込みシステムでありながら、開発プロセスに最新の手法を取り入れた点。

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社クオーレ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.