ITサービスとコンテンツ制作のエキスパート

某保険会社システム

Webベースのアプリケーションにより、運用コストの大幅削減を実現

従来、スタンドアロン型アプリケーションを用いて行っていた契約・発券業務を、Webアプリケーションへ移行することにより、スタンドアロン型アプリケーションでは困難な頻繁な機能強化、及び保守の一元化を実現しました。

アプリケーションは同種のシステムで用いられていたフレームワークを採用し、開発コスト削減、期間の短縮を実現し、実装面でもMVC(JSP Model2)アーキテクチャを採用し、ビジネスロジック層とプレゼンテーション層の分離を図り、頻繁な機能強化に伴うコストの削減も実現しました。

java_img_03

 

※ビジネスロジック層の分離により、バージョンアップ前に成立した契約に関する処理は、バージョンアップ後も以前のロジックを用いて行わせることができる

 

point ​Webアプリケーションにより、アプリケーションのアップグレード、及び管理・保守の一元化が可能となり、運用コストの削減を実現できた。 また、一部機能を顧客に公開することにより、インターネット環境さえあれば、顧客自身が随時契約を行えるようになった。

PAGETOP
Copyright © 株式会社クオーレ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.