リアルタイムに変化する数値やグラフィックをWeb上で自在にズーム

クオーレのSmartvisory技術

株式会社クオーレ(東京都大田区、代表取締役 阿部秀嗣、以下「クオーレ」)は、アドビシステムズのRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)構築ツールFlexを活用し、ブラウザ上で数値データやグラフィカルなシンボルなどをユーザが自由にズームイン、ズームアウトできる技術を開発しました。

クオーレでは、この技術をSmartvisory(仮称)と名付け、さまざまなソリューションに応用する考えです。

Web上でグラフィックイメージをズームする技術はGoogle Earthなどで広く利用されるようになっていますが、事前に用意された静的な地図情報を表示するのが一般的です。これに対してSmartvisoryは、リアルタイムに変化する情報をズームできるのが大きな特徴となっています。この技術により、全体を見渡す画面と詳細を確認する画面を1枚の画面で実現可能となります。

応用分野

  • ネットワーク構成監視
  • プラント・ビルメンテなどの監視システム
  • 株価チャート
  • 道路情報表示

システムの動作環境

  • クライアント
    Adobe® Flash® Playerが動作する環境
  • サーバ
    swfファイルを配信できるwebサーバが稼働していること
  • 開発ツール
    Adobe® Flex Builder 3 Standard

サンプル事例

グラフ表示

 

sv1

全体表示

sv2

ズーム表示

設備表示

sv3

全体表示

sv4

ズーム表示